KT SHAPE 【BLOW】

KT SHAPE BLOWモデル *NEW MODEL

5'9" × 18 5/8" (47.2cm) × 2 3/16" (5.6cm)

for USK 


KT SHAPEのニューモデル BLOW

写真のボードは、BLOWをモデル化する前のプロト(テスト)ボードになります。

このボードからフィードバックを重ね、現在の完成されたBLOWになりました。


BLOWの特徴は「止まらないマニューバー」「深いターン」「伸びてくるドライブ性」


クイックで軽快なボードを好む方には少し重さを感じるかもしれません。

大きな弧を描くカービング、深いドライブの効いたターン、ライディングスピードの速さ

などを求める方にとっては決して重さを感じず、抜群なターンの伸びにヤラれてしまうでしょう。


もしスカッシュテール以外のテール形状に興味のある方、BLOWはドライブ系パフォーマンスになります。

前にグイグイ出てくるドライブ系のボードには、ターンのきっかけを早くするスワローテールとの

相性も良いです。

ドライブ系のボードに乗りたいが、前に出過ぎてセクションを過ぎてしまう心配のある方は

スワローテールはターンのきっかけが作りやすく、トップでもリリースも速くかなり効果的です。


速いスピードでもコントロールできるパワーのある方やボードにパンチの強さを求める方は

やはりスカッシュがいいですね。


ボトムのカーボンはサーフボードのフレックスをに関係します。

サーフボードのフレックス性を仮に、ソフト、ミディアム、ハードとした場合

カーボンを入れることにより、そのエリアのフレックスをハード(硬く)させます。

そのことにより、ボードが受けた波のパワーをダイレクトにボードに伝えてきます。


またカーボンの入っているエリアと入っていない(テール)エリアとのフレックス性に差を作り

独特なフレックスを生み出します。


カーボンばかりに目が行ってしまいがちですが、ストリンガーがあるかないか

ボードの素材はPUかEPSか。ラミネートは2層か1層かによってもカーボンがもたらす目的

意味が違ってきます。

この辺りのフレックス性の話はかなりディープなゾーンになりますのでここではこの辺で。

ただしフレックスうんぬんじゃなく、単純にカーボンかっけー的なオーダー

全然ありでしょう 笑


3月半ばに入り、みなさんもテンションが高めになってきていますね。

新しいボードをお考えの方、ハイパフォーマンス系ならKTのBLOWは今期おすすめ度の高いモデル

となります。


ぜひご検討くださいませ。


KT SHAPE ¥118,000 

オーダー料 特になし

平均オーダー納期 約1~1.5ヶ月