千葉チャンピオンシップ カフナクラス 岩井力さん 優勝!!!!!!!!!!

2017.7.9

千葉チャンピオンシップ 4支部対抗戦 

カフナクラス TEAM STRAY★SURF 岩井力さんが優勝しました!!!!!!!!!!


全国でも屈指のハイレベルなエリアの千葉県。

その千葉県のチャンピオンを決定する千葉チャンピオンシップ。

この大きなイベントで悲願の優勝を手にした岩井力さん(通称先生)。


カフナクラスは60歳以上のクラス。

千葉県の現役レジェンドサーファーを相手に高得点で優勝されました!!


千葉チャンピオンシップ カフナクラスでの優勝タイトルは常に意識されていた1番の目標でした。


岩井先生は現在61歳!チームストレイ最高齢現役選手で、全日本選手権でも活躍されています。

また同じチームメンバーに対しても厚いサポートでみんなを応援してくれています。


そんな先生の優勝にチームみんなが歓喜をあげて優勝を喜びました。


本当に優勝おめでとうございます!!


チームメンバー12名で挑んだ千葉チャンピオンシップ。

惜しくもセミファイナルで敗退し、入賞を逃してしまいましたが

今大会仲良く5位の伊藤彰洋くんと牧田一さん!


photo cosby

また前日の土曜日に開催された、NSA公認 AA 千葉チャンピオンシップで

マスタークラスでセミファイナルに進出した飯塚徹さん。


会場の志田下はオリンピック会場にも決定し、波のクォリティーは申し分ありませんが

どうしてもこの時期はスモールコンディションとなってしまう場合が多いです。

今回も比較的厳しいサイズとなりましたが、セミファイナル進出の3人、また岩井先生も

EPSサーフボードを使用していました。

EPSはPUにはない高い反発力を持ち、スピード、レスポンスなど

小さな波や力の弱い波に対しては抜群のアクション性とスピード、機動力を持ち、もはや

コンテストに出場しているサーファーにとっては必須のサーフボードになっています。


3名の選手のボードデータですのでよかったら参考にしてみてください。

EPSは小波での使用が1番その効果を発揮します。

いつもより長さを短く、幅は広めにし、厚さは通常通りあたりがよいでしょう。


岩井力さん 

JUNJI SONODA SURFBOARD SQUIRT2モデル EPS バキュームラミネート 先生用チューニング

5'10" × 20.45" (52cm) × 2.55" (6.48cm)


伊藤彰洋くん

小川和久シェイプ EPS KIRI FLEX

5'8" × 18 1/2" (47.0cm) × 2 3/16" (5.6cm)


牧田一さん

LSD CHUBBY CHEDDAモデル V2 EPS+カーボン

5'7" × 19 1/8" (48.5cm) × 2 1/4" (5.72cm)


飯塚徹さん

3Dimension FUSIONモデル ハイデンシティーEPS

5'9" × 18 3/4" (47.6cm) × 2 3/16" (5.6cm)